サトコンホームの家づくり

サトコンホーム㈱では岩手の気候にあった「丈夫で・あたたかく・空気のきれい」なお家で【そこに住まう家族の健康を守ること】が第一であると考えております。家そのものが万が一不健康な環境であれば意味のないものになってしまいます。

健康的な暮らしを維持する為に、規則正しいバランスの取れた食生活や十分な睡眠、ストレスを感じさせないリラックスできる環境を整える。など、運動や食事制限等で改善出来ることではなく、お家の「躯体性能」と「室内の空気環境」に着目し、家が健康に与える影響を改善し、そこに住まう人が健康的にすごせる環境を整える事が大切と考えます。

さて、住む人にとって健康的な家とはどんな家なのか。

均一な室温をいきわたらせる為に

住まいと健康という視点で考えると、家は一年を通じてなるべく温度差が少なく、外気温の変化に影響されずに心地よい状態を保つことが理想です。室内の温度を快適に保つために大切なことは2つあります。

・高断熱化……壁や窓を温度が通りにくい素材にする
・高気密化……隙間をなくして温度の漏れをなくす

室内の空気温度は、家の中のどこにいても同じ温度であることが大事になってきます。季節に関わらず、均一な温度を保つために家の隙間をなくし十分な断熱を施す必要があります。これを温度のバリアフリー化と呼んでいます。

冬場の話ですが、「近畿大学 岩前教授」の調査によると、「暖房の効いた部屋と冷えたままの廊下やバス、トイレとの温度差は15℃ほどにものぼるといわれております。深夜や早朝などには、布団の中の温度と室温との差が20℃近くにもなり、急激な温度差は人の体にとって大きな負担となり、心臓発作や脳卒中を引き起こす「ヒートショック」の危険にさらされます。夜中に目が覚めてトイレなどに行こうとして亡くなってしまうケースは後を絶ちません。家庭内事故の死亡者数の総計は、交通事故による年間死亡者数約5,000人の2.6倍である年間13,000人。つまり、冬の家庭内事故は交通事故よりはるかにリスクが高いのです。」 ※コラムより抜粋。

温度のバリアフリー化を実現し、家中に均一な温度の空気をいきわたらせることがヒートショックを防ぐための効果的な方法です。また、高断熱化による効果は健康面だけではなく、経済面への影響も大きく影響していきます。ここでいう経済面とは何かというと、「年間光熱費」を指します。建築費を抑えた住宅が出来たとしても年間光熱費がかかるお家だと家計を圧迫してしまう事になります。より断熱力の高い素材を選択し、しっかりとした施工ができているのかで生涯かかるランニングコストでおおきく差が生じてしまいます。

【高断熱・高気密化の秘密】
https://fp-ie.jp/about/data/

新鮮な空気に満ちている住まいを

シックハウスという言葉を聞いた事があると思います。最近ではシックスクールという言葉も耳にする事があります。

住宅の建材や家具に含まれる化学物質が室内に侵入し、住む人の健康を害するという信じられない事例がいくつも報告されました。

現在の建築材料には有害物質を防止する基準が設けられたため、状況はかなり改善しています。しかし、新築時に購入した家具類から発生する揮発物や花粉、ホコリの侵入などにより辛い思いをされている方はまだ多くいらっしゃるのです。

室内の空気の汚れをなくし、清潔でクリアな室内環境を保つために「気密」と「換気」が需要になってきます。家の隙間は温度と同じように屋外の花粉やホコリを家の中に入れてしまいます。毎日掃除をしているのにすぐにホコリっぽくなるのは透間が多いと考えられます。現在は24時間計画換気が義務付けられています。換気の役割は人の呼吸や汗、調理などによって汚れた空気を排出し、同じ量の新鮮空気を取り入れることにあります。換気機械本体に設置されているフィルターが花粉やホコリを除去するため、室内には新鮮な空気を供給することができます。

24時間計画換気により住宅全体の空気が1回/2h入れ替わるように計画されます。しかし、気密の悪い家では換気も機能しません。穴のあいたストローで水を吸い上げられない理屈と同じで、気密の悪いお家は室内の汚れた空気を吸い出す事ができないのです。

一歩先の快適へ

サトコンホームの家は高断熱・高気密が基本です。

高断熱化・高気密化は快適で健康的な生活を送るために必要な要素です。

さらにそこから一歩先に踏みこんだのが【炭の家=カーボンエアクリーン】なのです。24時間換気システムと組み合わせる特許を取得した技術です。岩手県産の炭の力を利用して清浄した空気を室内に供給するだけではなく、さらに炭の本来の効果である消臭効果、調湿効果、防腐効果、マイナスイオン作用など空気の品質を変えてくれます。

人が一生涯に呼吸する空気の約8割が室内の空気と言われております。食べ物や水を選ぶように、これからは「空気」も選んでほしい。それがサトコンホームが考える一歩先の快適なのです。


サトコンホームでは住宅ができあがった後も家族の一員のように永くお付き合いがしたい。そういう思いで一棟一棟心をこめて『家創り』に取り組んできました。平成の声とともに産声を上げた弊社も、おかげさまで現在に至っております。創業当時は、モデル住宅も営業マンもいない会社であるにもかかわらずここまでくることができたのは、ひとえにお客様の支えによるものと心より感謝しております。これからもお客様の夢の実現に向けて微力ながらお力添えさせていただけるよう誠心誠意努力を続けてまいりたいと思っております。お客様の笑顔を見続けられるように。

サトコンホーム㈱ 代表取締役 佐藤重幸

コラム記事
近畿大学 岩前教授
http://dannetsujyutaku.com/serial/column/1_index/1_01